平屋は疲れない

私の父親は、一人暮らしをしていてこの度、西尾市で一人でも暮らせる注文住宅を作ることにしました。新しいところよりも、なれている今のところがいいだろうということでそのままそこに作ることにしたのです。


その時、選択をしたのは一人なので平屋であるということです。通常の家族が多い場合は、そのような住宅だと足りないのですが一人暮らしの父親にとってはそれで十分です。
そこで、簡単な平屋を作ることにしました。

父親としては、楽に過ごせる家であればどんな家でもいいということで平屋であ以外は希望を出していませんでした。以前の住宅が二階があり、二階に上がることがだんだんと辛くなってきたんですね。しかも一人ぐらしなので、二階を作ることも必要ないのです。


そして平屋が完成しました。それは私が住んでみたい、そんな家になっています。新しいということもありますが、やっぱり一階だけで生活できるのはとても便利です。なんといっても疲れない、そんな家となったと感じています。